ビッグデータ解析はオムニチャンネルを加速する

オムニチャンネル、ビッグデータ両者ともIT記事マーケティングを語る上で欠かせない言葉ですが、両者には密接な関係があります。ここを押さえておけば中小企業でもビッグデータを活用してゆうけきな結果を出すことが可能です。
中小企業であっても営業マンの収集した顧客情報、自社製品の商品マスター、日時月次四半期年次などでソート可能な売上データ、継続したウェブサイトのアクセスログ、問い合わせ履歴など、さまざまな異種経路のデータが存在します。
これらは多くの企業でバラバラに処理されており、展示会に来てくれたひとが何度もウェブサイトに足を運んでくれており資料請求も郵送しているなどの事実があるにも関わらずそrを把握していません。つましデータが偏ってしまっている状態でこれはビッグデータではありません。現在これらのばらばらの経路を整理して活用しようろ言う動きがありますが、この統合の後に強力な分析ツールとなるのが異種データの中に相関関係を見つけ出すビッグデータ解析ですビッグデータ解析により統合されたデータがよりはっきりと法則性を持っていることが分かり、顧客像がつかめてきます。そしてそれは的確な営業活動に結びつきますので売上高のアップが見込めるようになります。
このようにビッグデータ分析はオムニチャンネルを実際に活かすための強力な要因となります。